なぜほくろは発生するのか

婦人

最近では美容外科や皮膚科などを利用すれば、ほくろは簡単に除去することが出来る時代になりました。ですが、そもそもほくろ除去は必要なのでしょうか。ほくろについて知らないことが多いと思うので、美容外科や皮膚科に行ってみる前に、まずはほくろについて把握しておきましょう。まず、ほくろが出来てしまう原因として、主に紫外線の影響が原因になります。ほくろの主な成分はメラニンのため、これが紫外線によって活発化して、皮膚が突然変異を起こしたものがほくろになります。皮膚科などではほくろ除去を行なう場合、レーザー治療をする場合が多いですが、これはレーザーによってメラニン色素を取り除くという治療法になります。紫外線を防ぐことが出来れば、ほくろが増えたり、病気のもとになることも予防出来るので、ほくろが気になる人はまずしっかりとした紫外線対策を行なうと良いでしょう。なお、中には遺伝子によって先天的に発生するほくろもあります。このほくろは思春期までに発生すると言われており、どちらのほくろも刺激を受けたりすれば、悪化して病気のもとになったりするので注意が必要になります。また、何かしら異変を感じるようであれば病院でしっかりとした治療を受けることが重要です。

また、ほくろを除去したい場合、保険が適用されるケースがあります。健康保険のうち社会保険と国民保険は給付率が7割となっているので、自分で負担しないといけない金額は3割になります。そこで、3万円のほくろ除去施術を受けるとすれば、保険適用後にかかる費用は9千円になります。施術以外にも初診料や術後の診察で追加費用がかかりますが、ほくろ除去を受けた際の費用を見てみると、初診料は千円、術後の診察料は500円ほどで、約1万円ほどで施術を受けることが出来ますよ。ですが、条件に当てはまる場合でないと、保険が適用されることはありません。特に悪性の疑いがある、放置すると危険になるほくろと医師が判断した場合は保険で施術を受けることが可能です。一見、普通のほくろのように見えますが、悪性はメラノーマと呼ばれており、放置すると全身に転移してしまう危険性があるがんです。形が非対称、色や濃さにバラつきがある、肌との境界が不規則のほくろがあれば、メラノーマと疑ってすぐに診察を受けるようにしましょう。

除去後はケアを忘れずに

men and women

ほくろ除去をしたあとは患部に黒い物が見えたり、少し腫れている状態になっています。除去後はちゃんとケアをしないと残念な結果になってしまうので、注意が必要になります。紫外線対策はしっかりと行ないましょう。

おすすめのアフターケア

女の人

ほくろ除去後は傷跡をなるべくこすらない、洗顔料が顔に残らないようにちゃんとすすぐことに注意してアフターケアを行ないましょう。また、アフターケアに効果的な湿潤療法をして傷跡を綺麗に治すことが大事ですよ。

施術方法の種類

ドクター

ほくろの除去方法には、レーザー治療とメスによる切開の2つの種類があります。一般的なのがレーザー治療で素早くほくろを除去することが出来ます。メスによる切開だと、術後の仕上がりは一番綺麗になります。

良い美容外科の選び方

ウーマン

ほくろの除去を失敗させないためにも、自分が信頼できる美容外科などを選んでいきましょう。主に「清潔感」「実績」「保証」の3点を意識して、選んでいくと良いですよ。また、ほくろ除去にかかる料金も確認することが大切です。

レーザー治療の流れ

女性

レーザー治療でほくろを除去する場合は、まず麻酔や消毒をしてからほくろにレーザーを照射していきます。皮膚を切り取らないので、安心して施術を受けることが出来ます。具体的な情報を確認したい場合は、口コミなどをチェックするのがおすすめです。