女の人

施術方法の種類

ドクター

「顔にあるほくろが大きくて目立つ」「目の上にほくろが出来ていてメイクで隠すことが出来ない」などといった悩みを抱えている人は多くいるでしょう。出来れば除去したいと思っていても、ほくろ除去の治療にいまいちピンとこない場合もあります。そこで、ほくろを除去するための施術方法について、確認してみましょう。美容外科などの医療機関で行われているほくろ除去は、基本的にレーザーで除去する方法とメスなどで切除する方法があります。しかしながら、ほくろの大きさや状態によっては複数回の施術が必要な場合があるので、どちらかの方法にするかは医師とちゃんと相談して決めることが大事です。

最近のほくろ除去で一般的になっているのが、レーザー治療になります、美容外科や皮膚科などではニキビ治療やシミ治療など色々な治療でも、このレーザーが使用されています。ほくろ除去でのレーザー治療の場合だと、5ミリ以下の平らなほくろに適していると言われており、一度に大量の数を治療することが出来るので、非常に魅力的です。炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーなどが使用されていますが、どのレーザーで治療を行なうかは医師と一緒に決めていきましょう。なお、レーザー治療を受けるメリットとして、素早く綺麗に除去できることが挙げられます。1回のレーザー治療にかかる時間は数分程度なので、忙しい人や仕事帰りでも気軽に施術を受けることが出来ますよ。

次にメスを用いた切開があります。従来の方法はこのメスによる切開でした。現在でも行われている方法で、美容外科などでは状況によって使い分けています。大きさが5ミリを超える大きいほくろの場合は、切開が効果的でしょう。施術方法としては、ほくろ周辺をメスで取り除き、真皮と表皮を縫合する単純なものになります。最も綺麗にほくろが取れる施術でもありますよ。切開による除去のメリットは、上手な医師が担当してくれると、綺麗にほくろを除去できるということです。医師の腕がダイレクトに影響してきますが、術後の仕上がりは最も綺麗と言っても過言ではありません。このように施術方法を確認して、自分の適した方法で後悔せずにほくろを除去しましょう。